顎関節症

キービジュアル

最近、顎関節症の原因
として注目されている
歯列接触癖(TCH)」にも
対応しています。

また、「ボツリヌス治療」で、
顎関節症の他、
歯ぎしり食いしばりにも対応

次の症状の方、ご相談ください

  • 顎が痛い
  • こめかみが痛い
  • 口を開きにくい
  • 口を開けるとカックンと音がする

まずは、「顎関節症セルフチェック」をしましょう

咬合を研究している「顎咬合学会」で作られた、セルフチェック表をご紹介します。当てはまる項目が多い場合は顎関節症の可能性がありますので、顎関節症に対応していいる医院での診断をお勧めします。

咬合スコアとは日本咬合学会が作った

噛み合わせのセルフチェックシートです。

下記の質問のうち回答肢であてはまるものにチェックを付け、「点数をチェックする」ボタンを押してください。

最近1ヶ月についておたずねします
  ほとんどない 少しある ある

1噛み合わせの位置が定まらないと感じたことはありますか?

2口が思うように開かなかったり、顎がスムーズに動かないことがありますか?

3噛み合わせの高さに不満を感じたことがありますか?

4自分の歯並びが気になることがありますか?

5歯ぎしりや歯を強く噛みしめる癖がありますか?

6左右どちらか一方で噛むくせがありますか?

あなたの咬合スコアの合計は点です。

今のところ、噛み合わせにとくに問題ないようです。ただし、健康な噛み合わせを保つために、歯科医師による定期的な検査をお勧めします。
噛み合わせに問題がある可能性があります。
歯科医院を受診されることをお勧めします。
噛み合わせに大きな問題が考えられます。
一日でも早く歯科医院を受診されることをお勧めします。

このチェック表で、すべての噛み合わせの異常が発見できるわけではありません。また、チェック表で9点以上になった場合でも、必ずしも治療が必要とは限りません。 治療の内容などは一人ひとり異なります。これらの項目以外でも気になることがあれば、お気軽にご相談ください。噛み合わせだけでなく、健康なお口を維持するために、定期的に歯科医院を受診しましょう。

顎関節症のそもそもの原因は?

顎関節症は様々な問題が絡み合って生じることが多く、「これが原因です」と断定することが難しい症状です。

しかし、「噛み合わせ」に問題がある場合、顎関節症の症状が出る方が多くいます。

噛み合わせ

噛み合わせがずれることで、顎関節や顎の筋肉に継続的な負担がかかることで問題が発症することがあります。

また、最近では顎関節症の原因として「歯列接触癖(TCH)」という状態が注目されています。歯列接触癖とは、口を閉じているときに、無意識に上下の歯を軽く持続的に接触させる癖のことを言うのですが、それが1日何時間にも及ぶことで顎関節や咀嚼筋(そしゃくきん)に大きな負担がかかり、顎関節症が起こりやすくなると考えられています。

当院では患者さんの状況に合わせ、開口訓練、筋伸展訓練、咀嚼筋マッサージ、悪習慣の是正(食生活、立ち姿勢、座り方、寝方、くいしばり、歯ぎしりなど) を基本とし、次節でご紹介する治療法を組み合わせていきます。

「組み合わせる治療法」のご紹介

治療

治療法には4通りあり、これらを組み合わせることもあります。

  • 噛み合わせの調整(引っかかりのあるところを調整)
  • スプリント療法(マウスピース装着による顎の負担を軽減)
  • 被せ物の治療(不良補綴の作り直し)
  • 歯列矯正(噛み合わせのずれが大きい場合に実施します)
  • ボツリヌス治療(筋肉をリラックスさせ症状の改善を促す)

ボツリヌス治療とは?

ボツリヌス治療

ボツリヌス治療は、筋肉に天然のたんぱく質を注射することで、筋肉をリラックスさせる治療法です。噛む力が弱くなるため、顎関節症の痛みの軽減、歯ぎしり・食いしばりの改善が期待できます。その他「副次的効果」として、ガミースマイル(歯茎の露出)の改善もできます。

感覚ではなく「根拠」に基づいた診断

冒頭でもお伝えした通り、顎関節症は様々な原因で発症するため、「感覚的な診断」が主流です。しかし、当院では各種機器・装置を活用した「診査診断システムを導入」しております。また、顎咬合学会の「認定医」も在籍していますので、ご安心ください。

当院で行っている一部をご紹介します。

CT診断

CT1

CT2

顎の状態や噛み合わせの状態を「立体的」に映し出せるCTによる診断を行っています。通常の2次元レントゲンよりも精密な診断が可能になります。

フェイスボウ/咬合器診断

  • フェイスボウ
  • 咬合器

「フェイスボウトランスファー」と、「咬合器」というものを活用することがあります。患者さんのお口の状態を模型に起こして、模型上で様々な角度で診断ができるため、どこが問題なのか、何が問題なのかを精密に分析することができます。

治療の流れ

次の流れで進めていきます。

STEP1問診

STEP2お口の中や、外(首や背中などの筋肉の状態)の診査

STEP3写真撮影

STEP4歯型採り&噛み合わせ採り

STEP5レントゲン撮影

STEP6全データの統合分析

STEP7診断結果の説明

STEP8治療開始

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

電話での問い合わせ

Tel.047-401-1191

医院住所

〒273-0005
千葉県船橋市本町1-17-1 フロレンティーナ1階

TIME 診療時間

電話での問い合せ

Tel.047-401-1191

  • WEB予約
  • /
  • メール相談
診療時間
09:00 ~ 13:00 / / /
14:30 ~ 18:00 / / /
  • ▲ 土曜日の午後診療は、14:00~17:00となっております。

  • ※ 木曜日・日曜日・祝祭日は休診

ACCESS アクセス情報

医院住所

〒273-0005
千葉県船橋市本町1-17-1 フロレンティーナ1階

総武線「船橋駅」南口徒歩2分

千葉県船橋市の歯医者「船橋総合歯科・矯正歯科」。船橋駅より2分の位置にあります。バリアフリーのため、車椅子でもベビーカーのままでもおはいりいただけます。またキッズルームも完備しており、保育士がお子さんをお預かりします。治療では「痛みが少ない/削る量を最小限にする/歯の神経を守る/抜歯を回避する治療」を心がけています。専門性を持った複数のドクターが在籍していますので、どの治療であっても高いレベルの施術が可能になっています。質の高い治療を求めている方、まずはご相談ください。千葉県船橋市以外にも、市川市、浦安市、千葉市、習志野市からも多くの患者さんが来院されます。