虫歯治療

キービジュアル

「歯の寿命を延ばす」
ことは、私たちの「責任」

  • 痛みを軽減」させる様々な工夫
  • 視野を拡大し
    削る量を最小限」に
  • 歯の神経を守る「MTAセメント
  • 抜歯を回避する
    エクストリュージョン

治療時の「不快感」の排除。そして「歯の寿命」を延ばす

ドクター

「歯科治療=痛い、怖い、辛い」

皆さんはこのようにイメージされると思います。
これらを完全に「ゼロ」にすることはできませんが、可能な限り「ゼロに近づける」事は可能です。

当院では、これらの不快感除去と、歯の寿命を延ばすことをテーマに虫歯治療に取り組んでいます。

それぞれご紹介します。

「痛みを抑えた」3step法+α

笑顔

次のステップを踏んで、麻酔注射を行っています。患者さんによっては「痛みを感じなかった」と言われる方もいらっしゃいます。

STEP1表面麻酔

表面

麻酔注射をする部分に事前に麻酔液をしみ込ませることで、注射時の痛みを軽減させます。

STEP2極細の針を利用

針

蚊に刺されても痛くないように、利用する注射針が細ければ細いほど痛みは軽減されます。当院では33Gと呼ばれる非常に細いサイズの針を利用しています。

STEP3電動麻酔注射の利用

電動

急激に麻酔液を注入すると、細胞が膨張して痛みの原因となります。そこで注入速度を一定にすることができる電動麻酔注射を利用します。

~歯科恐怖症や
嘔吐反射の強い方向けの「笑気ガス」~

笑気

笑気ガスとは、治療時の「緊張感・恐怖心」を軽減させてくれるものです。このガスを吸引することで、「ふんわり」した気持ちになります。歯科恐怖症の方や嘔吐反射が強い方にお勧めしています。

「削る量を最小限に抑える」工夫

治療

虫歯治療では、虫歯に感染した部位を削り取ります。
しかし、雑に削ってしまうと、一緒に健康な歯までも削ることになります。

そもそも虫歯に感染していない健康な歯質を削る必要はありませんし、削れば削るほど歯の寿命は短くなります

そのため、虫歯に感染した部位のみを削り取ることが大切になります。
これを達成するために当院が行っていることをご紹介します。

こだわりミクロン単位の治療を可能にする「マイクロスコープ」

マイクロ

少し専門的な話になりますが、「肉眼で見える範囲」は0.2mmが限界といわれています。しかし、精度の高い歯科治療では数10μmを識別して治療を行う必要があります。

つまり、肉眼の治療だけでは限界があります

そこで当院では肉眼の数十倍も視野を拡大してくれる「マイクロスコープ」、またケースによっては「高倍率ルーペ」を利用します。

  • マイクロ2
  • ルーペ

下の画像をご覧ください。
千円札を肉眼(左の画像)とマイクロスコープ(右の画像)で見た際の比較になります。
どちらの方が精度の高い治療ができるかは一目瞭然だと思います。

  • 比較1
  • 比較2

こだわり虫歯感染部位を教えてくれる「う蝕検知液」

う蝕

う蝕検知液とは、虫歯に感染した部位に反応し「赤く染まる薬剤」です。つまり、赤く染まった部分のみ削れば健康な歯までも削ることはなくなります。

また、削り取った後の再確認でこの薬剤を再度利用することで、感染部位の取り残しも防ぐことができます。

可能な限り「歯の神経を残す/抜歯を回避する」治療

院長2

皆さん驚かれるかもしれませんが、同じ症状であっても、担当するドクターの考え方1つで、その歯の寿命は変わります

特に、「歯の神経を残すか除去するかの判断」「抜歯するか否かの判断」で大きな違いがあります。

冒頭でもご説明しましたが、当院の方針の大きな柱は「歯の寿命を延ばすこと」です。
どのようにしてこれを達成させているかをご紹介します。

歯の神経を残す「MTAセメント」の活用

MTA

歯の神経が露出してしまうと通常は抜髄(歯の神経を除去)になりますが、MTAセメントを利用することで、抜髄せずに治療をすることができるケースがあります(すべてのケースで適用できるわけではありません)。

MTAが適用できる目安は「自発痛」の有無です。
つまり、何もしていないときでもズキズキ痛む場合は、MTAによる治療が困難となります。

抜歯を回避する
「エクストリュージョン法」

MTA

画像のように虫歯がかなり進行してしまった場合は、抜歯の宣告をされる確率が高まります。

しかし、エクストリュージョンと呼ばれる方法を活用することで、抜歯を回避できる可能性があります。

この方法は歯根廷出術とも言い、矯正治療の1つです。
歯茎の下にある虫歯を歯茎の上に露出させ、被せ物の「土台」を立てることが可能になります。

  • エクストリュージョン
  • エクストリュージョン
  • エクストリュージョン

治療後の「再発を防ぐ」取り組み

会話2

虫歯=感染症
これをご存じの方はあまり多くありません。

マウスピース

つまり、虫歯菌がお口の中で悪さをすることで虫歯が発症します。
であれば、虫歯菌を減らすことで虫歯リスクを低減することができます。

これを行うため当院では「3DS」という処置を行っています。

簡単にお伝えすると、専用のマウスピースに虫歯菌を殺菌する薬剤を入れお口にはめて頂く処置です。

継続使用することで、虫歯の圧倒的な予防となります。

また副次的効果として「口臭予防」にもなります。

最短1日/低価格で「銀歯を白く」する方法もあります

虫歯治療後には詰め物・被せ物を行います。
「保険適用の銀歯」や「保険適用外のセラミック素材」などがあります。

ダイレクト

その他にも「ダイレクトボンディング」という選択肢があることはあまり知られていません。
白いゲル状の素材で、特殊な光を当てることで硬化します。詰め物レベルのケースで対応できます。

保険外治療のセラミックよりも「低価格」で、かつ、 「白い素材」になりますので銀歯のように目立ちません。

また、通常の詰め物よりも歯を削る量を少なくできる ので歯に優しい治療法でもあります。

その他、「歯の表面の白濁を改善」させたり、「すきっ歯の改善」、「歯の形の創造」などにも応用できる治療法になります。

※ダイレクトボンディングは治療適応範囲に限界があり、大きな銀歯や、全部をかぶせるクラウンなどの代わりには利用できません。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

電話での問い合わせ

Tel.047-401-1191

医院住所

〒273-0005
千葉県船橋市本町1-17-1 フロレンティーナ1階

TIME 診療時間

電話での問い合せ

Tel.047-401-1191

  • WEB予約
  • /
  • メール相談
診療時間
09:00 ~ 13:00 / / /
14:30 ~ 18:00 / / /
  • ▲ 土曜日の午後診療は、14:00~17:00となっております。

  • ※ 木曜日・日曜日・祝祭日は休診

ACCESS アクセス情報

医院住所

〒273-0005
千葉県船橋市本町1-17-1 フロレンティーナ1階

総武線「船橋駅」南口徒歩2分

千葉県船橋市の歯医者「船橋総合歯科・矯正歯科」。船橋駅より2分の位置にあります。バリアフリーのため、車椅子でもベビーカーのままでもおはいりいただけます。またキッズルームも完備しており、保育士がお子さんをお預かりします。治療では「痛みが少ない/削る量を最小限にする/歯の神経を守る/抜歯を回避する治療」を心がけています。専門性を持った複数のドクターが在籍していますので、どの治療であっても高いレベルの施術が可能になっています。質の高い治療を求めている方、まずはご相談ください。千葉県船橋市以外にも、市川市、浦安市、千葉市、習志野市からも多くの患者さんが来院されます。